「生誕百年記念―"中原中也の作り方"WS!!」+発表公演体験記

2007年07月03日

 

軸という言葉が、いつも私の前に立ちはだかっていた。

  軸・・・『これっ!』っていう一本筋の通った考え。
  この軸さえ、、、これさえ自分の中で決まれば
  
全ての事が思い切って(開き直って?!)出来ると思っていた。

・・・

だけど、、、あの一週間での出来事で、軸のイメージが少し変わった。

(強烈だったのは、最終日、発表会が終わった交流会で知ったアレコレ・・・
 アフレコぽい話なので、ここでは書けんけど、飲みの席では語らせてくれ。)

 

イメージとして、私は軸を一本の柱を見るみたいに
遠くから眺めていただけなんだと気づいた。

   世の中にいる“軸のある”と感じさせる凄い人達
   そんな人達を、ただただ羨ましく思い、遠く憧れていた。

   遠く思っていた・・・

 

もっと! もっと近くに、もっと我が目を寄せて、
その軸に迫れば、、、

その軸は強固であれば有るほど、
軸を支える多くの筋交いがあり、補強の跡があり、
また、まだ先へ伸び行く柱とする為に
基礎を深くする作業をしてたりするんじゃないかと・・・

 

一本の軸のイメージが、迫って見入ることで、
支柱の構造物として 見えてきた。

 

決して同じものが出来ない支柱、決していつも同じでは無い支柱
錆も出る、風にも吹かれる、交換しなきゃいけない1本も当たり前にあるだろう・・・

 

いつ倒れてしまうかもしれない危機感と戦いながら
労をかけ、作り上げていく構造物。

 

誰も 『それでOK!基準を満たしてます!大丈夫。』
などとは言ってはくれない支柱の構造物、、、

 

・・・

こうして書いていて、思い出した。
以前、書いた 『己の線』 と同じことなのか。

 



miyuki1116 at 22:58コメント(2)トラックバック(0) 

2007年07月01日

 

自分の内と外とで怒号に包まれたような一週間
ワークショップの稽古&発表会が終わりました。

・・・

帰りの車、
明らかにハイな状態である自分を
にやけて感じながら

結局この一週間は、私にとって
何だったんだろう?って思ってた。

・・・

家に着くと、小学三年の娘がインスタントラーメンを
不機嫌そうにすすってた。

その横で、ブツブツ言う姑、これもまた明らかに不機嫌、、、

   いっきに、ハイ状態が醒めた。

娘がラーメンを食べ終え、
私が夜食に買ったパンも完食、そして寝た後、

姑の、その日の愚痴(←あっ、愚痴じゃ無く“報告”か?!)を聞く。

私(妻&嫁&ママ)が居ない日曜日の出来事を
缶チュウハイ片手に聞くー。「そんな事があったん。」って聞きながら、、、

   (今夜は、「ママ、どうだった?」って聞いてくれんのね、)
   (昨夜、笑顔で第一声「ママ、お疲れ様!」って言ってくれたよね、)

   。。。って思ってた。

 

・・・

  さあ!!!明日の朝も早い!
  明日はパパにお弁当を作ろう!
  明日は、PTAコーラスのリハーサルもあるし!

                 もう7月になったしね、、、

 

ワークシップ発表会での、まったり〜として、蒸し暑い空気を
思い出しながら、、、

こんなんが、『生きていく』という事なのかなぁ〜って思う。


はぁ〜〜〜これが、
  これだけが、私の一週間でのお土産に頂いたものなんだと気づく。

山口に来て、20年。
今からも私は山口で生きていく、生きていくいね! もう方言も山口弁だし!

可も無く不可も無く!!(やっぱり最高の一週間!!)

 



miyuki1116 at 23:59コメント(4)トラックバック(0) 

 

舞台の初日、終わりましたー!

だれもかれも・・・
本番直前まで(というか本番、それぞれが喋り出すまで?!)
何が出てくるか分からない舞台。

・・・

のんびり〜としていて、何だかそれが幸せで
すこ〜し寂しくも、またここ(山口)で生きていく・・・

そんな舞台になってました。

・・・

帰り道、、、
始めて徳山駅に来たときの、20年前の風景を思い出しました。

駅に主人と姑が迎えに来てくれていた。

後部座席から見た 緑いっぱいの並木に
息苦しさをも感じた あの日。

 

・・・

昨夜のお帰りは、家族がまだ起きている時間で良かった。

娘がパパの頭をふざけて叩いていた。

姑が、娘を叱っていた
「そんなに叩いたらいけん!そこは毛が無いんだから痛いでしょ!」

大笑いした。

・・・

さあ、今日も舞台はあります!
今日は今日でどんな舞台になるのかな?!

 



miyuki1116 at 06:26コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月29日

 

「で、いったい何をやるの?何があるの?」
山口市に通いだして5日目の今日・・・やっと(?)姑に聞かれた。

「演劇。舞台に出るの。」
そう言ったけど、内容は???まだ全然分かってません。

でも、明日が本番なんだって!

・・・

浴衣を買いました。舞台で着ることになったので。

浴衣なんて、随分と。。。着ていないなぁと思ったら、
もしやの25年ぶり?!

 



miyuki1116 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

 

「駄目!」 「違う!」と、言われながら
また?まだ?、やるのは何故なんだろう?

あぁ〜〜〜嘘です。
やる!”なんて。。。そんなカッコ良くは全然無いし求められても無い。

私の心境は、、、そこに“とどまる”ってことにした!←程度。

・・・

今日、ワークショップの稽古場兼発表の舞台に行ったら
黒いステージにセットが組んであった。

『マジでやるんだぁ〜〜〜。。。』
正直、そう思った。

昼の部の稽古が終わっても、帰らず(帰れず?!)夜の部にも参加。

でも、結局は舞台に立てないのかもしれないらしい
(結局は舞台が始まるギリギリの時間まで誰も分からないらしい)

発表は・・・明後日に迫っている。。。

  こんな感じでやってますの図→イッセー尾形さんのブログ

「生誕百年記念―"中原中也の作り方"ワークショップ!!」+発表公演

<ワークショップ発表公演>
日時:6月30日(土) 17:15開演
    
7月1日(日) 16:15開演
会場:山口情報芸術センター
スタジオA
料金:全席自由 1,000円

 

 



miyuki1116 at 00:15コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月27日

 

ワークショップも二日目・・・

『中原中也の作り方』と題された今回のワークショップ

その作り方を体感している。

【変な人】から始まり 【不器用な人】 【夢み人】 【田舎】 【都会】

【産み抱く女性】 【親と子】 【山口県気質】

体感することとなる参加者の思い出を紐解き、絡み合わせ、

今日は、その吹き出した各像に

【中也の詩】を重ね合わせ、

滑稽なる次元を描き出したような時間となった。

・・・

自分の中にある“中也”と、その“中也を産み出すモノ達”が

私の心をザワザワさせる。

  “私”のあの時の悲しさと、

  あの時の“あの人”の悲しさとを

  むりやり対峙させたがる、、、

 



miyuki1116 at 00:05コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月24日

 

さっき、今日の昼すぎに書いたブログを見て、、、大うけ!!

誤る”じゃなくって、”謝る”だろが!!!

       まさに。。。誤るだわ。

・・・

と、気持ちを切り替えてっと!

今は、明日から始まる一週間のお楽しみ♪↓に心は行ってま〜す。

「生誕百年記念―"中原中也の作り方"ワークショップ!!」+発表公演

さあ、来週もがんばりましょう!

 



miyuki1116 at 20:55コメント(2)トラックバック(0) 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ