2005年08月26日

 
2005年8月24日、6時30分すぎ。
 
彼女(クマちゃん)の声は
防府のコミュニティFM(FMわっしょい)からの
電波にのり、私の耳に届いていた。
 
  ゲストの話を軽快なテンポと明るい笑い声で引き出し
  彼女自らも嬉しくってしょうがない様子が伝わってくる。
 
『こうして・・・あなたの声が聞けて嬉しいよ。』
私は、うつむきながらつぶやいた。
 
・・・
 
彼女との出会いは、2年前の夏。
私はy-sohoが県から委託された【SOHO等実態調査】の
プロジェクトリーダーとして彼女に会った。
 
『笑顔が絶えない人』 彼女の第一印象。
 
話していくうち・・・
その笑顔を作り出した彼女の心には
『精一杯、前向きに前向きに生きていこう!』という
彼女なりの“自分への約束”が宿っているのだと感じた。
 
決して強くは無い、決して器用でも無い、
壊れそうなくらい人の心に敏感なあなた。
 
あなたに会うたびに、
その人懐っこい笑顔を崩さずに・・・頬をぬらすあなたを
私は心の中で愛おしく抱きしめ、
その涙が乾くまで傍らにいよう、、、と心に決めていたよ。
 
・・・
 
第2・第4水曜日 6時30分から放送
 <SABAGAWA>パーソナリティは吉野くに子さん(ことクマちゃん)
 
FMわっしょい のスタジオ前に置かれた小さなラジカセから
あなたの声を一心に聞きながら
私は頬がゆるみ目尻が下がり、次第に目の奥が熱くなって
うつむいてしまった。
 
ありがとう。また会おうね。きっと・・・。
 


miyuki1116 at 23:59コメント(2)トラックバック(0) 

2005年08月20日

 
一枚のハガキが届いた。
『会いたいなぁ。』正直な気持ち。
 
手書きで書かれた“連絡待ってま〜す”の文字に
返事は、メールでは無く、電話にしようかと思う。
 
幹事役の男女二人の名前に、
 『どうせなら、この人に電話したいんですけど(*^m^*)』
 
 などと、一人ほくそ笑む。
 
中学3年生時代のクラス会。
 
そういえば、、、この頃の友人達は、
 こんな私の気持ちに気づいてはいなかったよね!?
 
会いたいね。
 
クラス会


miyuki1116 at 16:35コメント(0)トラックバック(0) 

2005年04月16日

 
先日『桜が散ってしまう前には会おうぜ!』と約束していた友と
ギリギリのタイミングで会うことが出来た。
 
前回会った日から季節はめぐり・・・彼はトップの立場になっていた。
 
『今更ながら・・・判断と決断の違いがわかってきたよ。』
今まで見たことが無かった彼の姿をみた気がした。
 
『結局、俺が今までしてきたのは、判断の範囲だったんだ。』
『今は決断をしている。正直言って・・・怖いよ。』
 
・・・
 
『そうか・・・うん。。。』 こんな言葉しか出ない。
 
今の私が返す言葉も、うなづきも、今の彼が語る言葉の重みには、
耐えられないということだけは、わかっているから。
 
・・・
 
帰りの車で、新たに表れた彼の一面を思い出し
私は、ぼんやり考えてた。
 
『私が今までしてきたのは、判断だったのか?決断だったのか?』
 
また季節はめぐり彼と会う日までに、私はこの答えをみつけていたい。
その時・・・私も新たな一面を持つことになるのだろう。
 


miyuki1116 at 23:59コメント(2)トラックバック(0) 

2005年04月13日

 
いつも話すたびに共鳴感を感じる友がいる。
 
私の心が弱った時、ふと立ち寄るよりどころ。
 
今日、彼女に<コーチ藤川深雪>の名刺を渡した。
 
手にした名刺を、まるで愛しいものでも見るかのように
優しく彼女は目を落とし、じぃーと見つめている。
 
彼女の目は名刺から離れない。
 
『いいね。藤川さん。』 顔を上げ、言ってくれた。
 
  彼女の眼に泪。
 
『ありがとう』 こう言うのが精一杯だったよ。
 
・・・
 
名刺に書いてあるこのブログ、見てくれたかな。
だったら嬉しいな。また近いうちに立ち寄るからね(^_^)!
 


miyuki1116 at 23:39コメント(2)トラックバック(0) 

2005年04月12日

 
2004年10月26日の日記に書いてある
『私のほかに、私は無い』と題された言葉。
 
昨日、ふっと新たな視点がみえた。
 
・・・
 
『私のほかに、私は無い』の意味。
 
昨日までの私は・・・
『結局、私(自分)しか、頼れるものは無い。』とだけ捉えていた。
実際、苦しい時や悲しい時、この潔さが支えになってくれた。
 
 
けれど、今日気づいた“私”のイメージは、もっと多面的。
 
『私のほかに、私は無い』=『私の役割は私しか無い。』
例えれば、母親の役割、地域の住人である役割、
もっと大袈裟?に言うと、この世に生きる私の役割。
 
このことを考え行き着いたところは・・・『生かされている私』
 
・・・
 
そして、もう1つの気づき。
 
もしかして???
『私のほかに、私は無い』=『“私”しか無いオンリーワンの姿』
語っているのかもしれない!っていうこと。
 
これが思いついた時、『私のほかに、私は無い』の言葉が
まるで意味が180度反転したように感じた。
 
言葉の一語一語が、受動的な響きから能動的な響きに変化した。
 
・・・
 
そんで、『“私”しか無いオンリーワンの姿』は、
 私の中で嬉しい変化をもたらしてくれたー!!
 
『私のほかに、私は無い』の中で、何度も出てくる『しっかり』
 
  しっかり生きる・・・
  しっかり死ぬる・・・
  しっかり身を引き締めて・・・
 
実はね。。。重く感じてたんだ、この『しっかり』の言葉。
 
でもさ、『“私”しか無いオンリーワンの姿』って思ったら、
私のオンリーワンの“しっかり”でいいんだよ!
 
   あぁ〜心が軽くなった(笑)
 
   改めて、この言葉をくれた 人生20年先輩の友 に感謝!
  (久しぶりに彼女に手紙を書きたくなった、そうだ!書こう!!)
 


miyuki1116 at 23:59コメント(0)トラックバック(1) 

2005年03月27日

 
私が惹かれる人は、目が若い人だな。
子供のように真っ直ぐで、ひたむきな目を感じると、
も〜〜!一緒の空間を過ごしたくなるね。
ただ過ごすだけでいい。別に話していなくてもいいのだ。
 
同じ目線で、その人が見ている風景を見てみたいだけ。
すぅーと、その人の体を通っている空気を感じてみたいだけ。
 
それだけでいい。
 
 やっぱり素敵な空間だった。ありがと。また会おうね!
 


miyuki1116 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

2005年03月14日

 
今、話題の『ソーシャルネットワークサイト』
私が思う、このサイトの特徴は、すでに参加している人からの紹介が無いと
参加出来ないことということかな。&新たな出会いが有ります。
 
日本では、下記の2つが有名よね。
   mixi  gree
 
で、私は、mixiに入っています。
 
・・・
 
mixiの機能に【友人紹介】がある。
 
先日、初めてこの機能を体験!
私が友人から紹介文を書いていただけたのだ(^^;
 
そこで、その紹介文に興味津々・・・ではあるが
実際に目にするのは、少々のドキドキもあって・・・イザ!
 
・・・
 
(下記、その紹介文の一部を書いちゃお(^〜^)
 
『 頼りになるお姉様♪
 豪快かつダイナミック&繊細なところが魅了です♪ 』とあった。
 
お姉様♪かぁ・・・(ニヤニヤ)
豪快かつダイナミック、、、(体&態度もデカイと自認しているし!)
&繊細・・・(ぐふっ(*^m^*)わかってんじゃん♪)
 
・・・
 
Mさん、紹介文をありがと。今度は私も書かせてもらうね♪
 
 
※mixiでも、日記機能があります。
 ここでの内容とは別なのだ。(もう1つの私で書いてます・・・てか!)
 


miyuki1116 at 14:38コメント(0)トラックバック(0) 

2005年03月05日

 
もう5年来にもなるメル友のブログにお邪魔した。
 
『ん?”やまぐちSOHOセミナー2005”の話題が書いてあるぞ(^^)』
 
彼は、当日、県外から遠い道のりをへて来てくれた。
 
参加への気持ちを『 想いを感じにいきたいと考えてます。』と
書いてくれた事に、私は嬉しさを感じずにはいられなかった。
 
・・・
 
ブログを読み進めていくと、そこには、しっかりと何かを掴んだ彼がいた。
『あぁ〜よかったなぁ・・・私も嬉しいよ。』思わずつぶやく私。
 
本文を読み終えて、ひとつ付いていたコメントを開いた。
 
『キャー!吉田さんからコメント貰ってるしぃー!!』
これは、呟きじゃない!! 思わず叫んだぁーーー!!!
 
確かに、ブログの内容は、セミナーで基調講演をされた
DREAMGATE チーフプロデューサー吉田さんから
挨拶(?)ハガキを頂いた話ではあった。
 
   でも・・・そのご本人から、コメント貰うなんて・・・
 
『いいな、いいな。吉田さんからのコメント貰えるなんて。。。(ぶちぶち)』
  ↑これは、羨ましくってぶつぶつ言ってみた。
 
『いいな!私も欲しい。。。』
 しばらく、、、ぶつぶつ言っている私であった。。。
 
・・・
 
あっ、肝心の彼のブログ紹介が遅くなりました。
 ここです→ miraiのモト 
(とってもピュアな人です。彼の文章は私の癒しになってます。いつもありがと。)
 


miyuki1116 at 10:34コメント(0)トラックバック(0) 

2005年02月28日

 
先日、数ヶ月ぶりに、Fさんの声を聞いた。
ひさしぶりの電話だというのに、、、相手の第一声は、「なに?」
相変わらずの“やな奴”ぶりだった。
 
Fさんとは、3年前に、よく喧嘩をした仲だ。当時・・・
『くそっ!今にみてろよ!』と奮起させていただいたものである。
 
ある意味、、、恩人かも(な〜んちゃって(笑)
 
・・・
 
でも、今回はちょっと様子が違っていた。
その愛想無い電話の数日後、Fさんのほうから電話があった。
 
『おおっ!まだ言い足りんのか、こいつは・・・』と思いつつ
少々ふてくされ気味に 「どうしたん?」と第一声。
 
「いやぁ〜この前は仕事中だったからさ、あははっ、ごめんごめん。」
「で、なに?」
「あの〜、この前の電話で気になったんだけど・・・」
 
あの当時と変わらぬ二人で話した数分間。3年前とおんなじ。
 
  変わらないね。
  お互い遠慮なんてもんは無く、ズケズケと、、、
  それでも、同じ戦場で戦った者同士のような労りも感じ?!
 
「Fさん!今度、久々に顔を見に行くよ。」
「ああ(笑)」
 
・・・
 
あはっ(^^)!
やな奴!ほど・・・会いたい人なのかもね。
 
会いにいこう。 顔見にいこう。


miyuki1116 at 23:59コメント(2)トラックバック(0) 

2005年01月21日


今朝、娘を保育園に送り、ご近所の保育園ママ友が
経営している美容院へ寄り道。

友人から預かったチラシを店に置いてもらおうと思って!
 <周南enjoyサイト「ぺぶる>

いつも、長話になってしまうので、わざと車のエンジンを
かけたまま、ひとっ走り店に飛び込んだ。

『あっ、お客さんいないやん。。。』
 ぐふっ(^m^)本音はラッキー!と、ほくそえむ(笑)

・・・

結局、店の前に留めた愛車を気にしながらも、
 数十分、話し込んでしまった。(エンジン止めろよ!)

話題は、いつしか、、、コーチングの話に。
「昨日のコーチングセッションはね・・・でね、あれでね、、、」
 と、私の口は止まらない(^^;

「そうなん。へぇ〜、、」と口をあんぐり空けて聞いていた友。
途中から、「いいなぁ〜〜!」を連発!!
 
サスガに気になって聞いてみた。
「いいなぁ〜〜、、、って・・・?」
 
「そんな藤川さんがいいなぁ〜、って思ったの。」
「あたし?」
 
「うん。藤川さんは、どんどん大人になっていっているんだね。」
「ふふっ、、、大人か・・・(笑)」
 
30代後半の友と、40代前半の私。
年月だけでは登り切れない“大人”という階段を行ったり来たり
 ・・・なんだよね(^^;


miyuki1116 at 23:04コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ