短歌

2005年11月08日

 
短歌を書いておきます。(忘れてしまいそうなので(^^;
 
11月の 【青潮下松短歌会】
 月一回の定例会に向け事前に提出した私の一首。
(9月、10月は提出していません!)
 
    またひとつ 老いてく秋の 夜はしずか
      ゆらめく水面に 両箇の月み
 
両箇(りょうこ)の月・・・無という生き方―禅 から引用しました。


miyuki1116 at 12:00コメント(3)トラックバック(0) 

2005年08月08日

8月の 【青潮下松短歌会】
 月一回の定例会に向け事前に提出した私の一首。
 
    萩の葉の 火の粉 舞い飛ぶ 柱松
       赤い蛍と 子が言い はしゃぐ
 
先週の土曜日に子どもと行った熊毛の柱松を詠みました。
今年で3回くらい見に行ってます。
長い竹の先に笠(萩の葉や花火も入っている)があり、
笠を目掛けて松明(火の付いたもの)が投げ込まれ
・・・これがなかなか入らない(^^;
見事、笠に入るとパチパチと火の粉が舞い飛びます。
 
熊毛のじゃないけど、周防柱松ホームページがありました。
こんなのです↑
 


miyuki1116 at 11:03コメント(0)トラックバック(0) 

2005年07月06日

 
今月の 【青潮下松短歌会】
 月一回の定例会に向け事前に提出した私の一首。
 
    猿山に 荒毛逆立つ 孤猿の背
       風にまかせて 身じろぎもせず
 
実際に猿山に行ったわけじゃないので、フィクションだけど・・・
ある時ふと・・・【孤】の言葉が気になって、辞書をひいていたら、
【孤猿】という言葉が出てきて、、、ハッとした。
 
   【孤猿】 こえん
    群れを離れて、ただ一匹でいる猿(さる)。
 
この<ハッとした想い>を詠んだ。
15日に開催される定例会。今度はどんな評価かな?!
 
 


miyuki1116 at 09:10コメント(0)トラックバック(0) 

2005年04月19日

 
イロイロ書きたいことは、たんまりあるんだけど・・・
まだまだ整理がついてないので、ブログにUPできましぇん(^^;
 
   ・・・ので、最近書いた短歌なんぞをUP!
 
<深雪のつぶやき>
歌を書く時は、『あの人に、この想いを伝えたい!』という気持ちで
書き、実際に殆どの歌は、その相手に贈るんだけど・・・
今回のは、私の胸の中だけで そっとしまっておこうと
心に決めている歌もあります。
 
・・・

年取ったな お互いさまだと 笑いあう これが同士か 似たもの同士
 
雪ふかし 春を求めて 名古屋の地 池の水面に うつる桜よ
 
大海の空 鼓舞とぶツバメよ 愛しげに 香り届けと 岸の白ゆり
 
朝もやに こぎだす小船へ 祈りをのせて 我が手のひらに 君のやさしさ
 
 


miyuki1116 at 23:48コメント(2)トラックバック(0) 

2005年04月04日


2年ほど前に、徳山の街で一緒に飲んだことがある人が
定年になったというこの春の夜、再度の卓を囲むこととなった。
 
あれっ、こんな顔だった・・・っけ?
 
その人の口から何度も出る 『これから・・・』
以前の荒々しさは無い。
 
『これからが楽しみなんだよ!』
『人生、これからだよ!』
 
今夜ほど、一期一会の言葉が沁みた日は無かったです。。。
 
・・・
 
今夜頂いた 出来上がったばかりという肩書きが違う名刺。
その名刺の裏に、歌を書いた。
 
   春の日に 独り君の背 またいつか
   一期一会の 縁に手をふり

また、きっと会いましょう。きっと会えると思う。



miyuki1116 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

2005年04月02日

 
最近のマイブームは “短歌”
 
3月11日の日記で書いた友から、短歌が返信として
届いたことへの感動と その粋さに惚れ直した。
 
さらに、その短歌に込められた送り手の想いを
アレコレ考える面白さに、すっかり はまってしまった。
 
面白い!!
 
そして、自分も 短歌に挑戦するようになった。
5・7・5・7・7に、想いを凝縮し込める過程に
まるでパズルを組み立てているような面白さがある。
 
こりゃーー愉しいわ!

さらに 自分が作り手になって、わかったことがある。
 
出来上がった5・7・5・7・7は、
短いがゆえに? その言葉に、いくつもの意味を
持たせる(感じさせられる)仕掛けが出来るということ!
 
今、私が短歌を書く時にやっている作業は
一度、相手に伝えたい想いを言葉に変換し、
思いつくまま、目の前の紙に わんさか書き出す。
 
それから、5・7・5・7・7とする段階で、
さらりと ヒネリを入れる。(うふふっ(*^m^*)
 
めちゃ愉しい!! 
短歌って、まったくもって!面白いし、粋だわ!!
 
・・・
 
最近、私は短歌で 葉書を出している、以下、その一部。
 
短歌で送った葉書

  秋過ぎて 
    友と語らう 豆の香は
      我行く道の 春のおとずれ




 
 
 

桜咲き 祝う宴か 人知れず ここに我あり 酒くみかわし
 
先の声 我を見つめる 決別日記 なんてさわやか 君の心よ
 
 ( 届いた先の顔がニヤッってしたら、ばん万歳(^〜^)なのだー!)


miyuki1116 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ