2004年11月19日

AYSA企業経営塾

<経営シュミレーションゲーム>の講師をやります。(今年度で3年目)
 
毎回、私自身、学びが多い企画です。
 
受講生は、地元でも名の知れている企業の管理職、経営者の方々ばかりなので?!
結構・・・皆さん同じ表情=堅い雰囲気で受講されているのですが、
この参加型のゲームでは、それぞれの表情が一気に変化します。
 
ある人は、最初から最後まで、ゲームに没頭できず、腕組みをしていたり・・・
また、ある人は、素晴らしいヒラメキを発揮し一気に賛美の声を受けたり・・・
 
その変化は、受講生それぞれが心の奥底で思っている日頃のあれやこれやが
暴露?されるたかのようであり、また日頃発揮できずにいた才能を引き出す
キッカケになったかのよう。
 
同じ内容のゲーム企画でも、その受講生の構成で、全く違ったものになり、
さらにファシリテーターである私の着眼点を見誤ると、険悪な雰囲気をも
作り出してしまう。。。
 まさに体験型企画というのは“生もの”だなぁ〜と感じます。
 
  ・・・
さぁー明日が楽しみです!
今年は、どんなドラマが見れるのでしょうか?
どんなドラマを私は演出できるか?
 
楽しみ!楽しみ!! がんばるぞー!!!


miyuki1116 at 23:33コメント(0)トラックバック(0)仕事  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ