2006年12月20日

『放つ。』を放つ。

放つ。(原書)

 

 

 

 

『放つ。』が、私の元から放れていきました。

金沢に住んでいるコーチの元に行きました。

 渡した時・・・ 改めて書を見ました。

      そのかすれや、そのにじみ、

        飛び散った墨の一滴一滴に・・・

 この字を書いた時の感覚が蘇ってきて。。。

 なんとも言えない気持ちになりました。

まさに・・・『放つ。』でした。

(画像は、原書をそのまま写したものです。)

 



miyuki1116 at 01:29コメント(0)メールマガジン&ブログ  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ