2005年09月08日

藤沢久美さんの本

    -----------------------------------------
       木々に囲まれたテラスに 
       小鳥たちが  どこからか飛んでくる。
        そして
      私が撒いた ひまわりの種を
       ただただ無心に ついばんでいる。
    -----------------------------------------
 
『この小鳥達の姿を見ることが私のストレス解消法です。』
 と書いていた女性がいる。(ブログより要約)
 
藤沢久美さんの新書
  藤沢久美さん  画像にある綺麗な女性です。
 
 彼女の新書を、先ほど読み終えました。
 なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか
   顧客が自然に集まる10の発想転換

 藤沢さんは、NHK教育テレビ「21世紀ビジネス塾」の
 キャスターだった方。
 本には、「21世紀ビジネス塾」を通じて知り得た
 中小企業の元気な姿が数多く書かれています。
 
 
・・・
 
私は、この本を読みすすめていくうち・・・不思議な感覚を覚えました。
 
 『まるでエッセイでも読んでいるかのよう・・・。』
 
  そう、私が過去に読んだことのある
  ビジネス本特有(?)の迫ってくる感じが全くしないのです。
 

ビジネス本でありながら、読み手として、自らの肩を力まなくてすむ。
そんな安堵さえ感じます。
 
この安堵感は、藤沢さんからテレビ画面を通じ伝わってきていた
物腰のやわらかさ、相手の目をしっかり見ながら聴く、話す姿、そのものです。
 

 どうしてだろう?・・・
著者は当事者(本に出てくる企業&読み手)の視点では無いってこと?!
 
 ではいったい・・・ 『彼女の視点はどこにあるのだろう?』
 
 このことが気になりながら、
  さらにさらに加速度は上がり、彼女の世界に惹きこまれていった。。。
 
・・・
 
途中、、、
 紹介される企業の取り組みに『へぇ〜!』と感嘆の声を上げ、
 著者の、そこから予測できる展望に明るい未来を感じ、
 
 さらりと書かれたエピソード(物語)に目頭が熱くなり、
 登場人物たちの言葉ひとつひとつにリアルな今を想う。
 
・・・
 
全ての章 <顧客が自然に集まる10の発想転換>を読み終え
 とうとう“おわりに― ”の文字。残り数ページとなった。
 
 『彼女の視点はどこにあるのだろう?』の問いを持ちながら
  読みすすめた私は、ここでようやく答えを得た気がする。
 
“おわりに― ”で紹介されている
  『思い出深い会社があります。』から始まった会社は
   今の時代に急成長している(話題の)企業などでは無く、
   100年という歳月で事業をしている企業。
 
 著者は、この会社の経営のあり方を、
 『“日本の誇り”と言ってもいいのではないでしょうか?』と結んでいます。
 

 <下記、本から抽出>
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 社会のため、お客様のため、そして、働く人々のために企業があり、
 その使命を経営者と株主が共有し、企業という素晴らしい場を発展させていく。
 
 企業の姿とは、本来、そうあるべきものなのではないでしょうか。

    ・・・(中略)・・・       だから大切にしたい。
 
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 ただただ無心に種をついばむ小鳥に、
 邪念を持たずに、一生懸命に何かに取り組むこと。
 夢中になることを教えられる。。。とブログで書いていた彼女。
 
 彼女が「21世紀ビジネス塾」での数年間に垣間見た中小企業の姿は
 この小鳥の姿そのものだったのかな、って思います。
 
 そして、この本を書いていた時には、
  彼女自身が小鳥であったに違いありません。
 
 そして・・・
 彼女が、ただただ無心についばんでいた種は、
 他界したお父様との約束 『人のためになる仕事をすること』の
種。

 彼女の視点は、きっと・・・
 『今の自分は人のためになる仕事をしているかどうか?』 
  ここにある、と私は思いました。
 
 


miyuki1116 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ