2005年04月11日

名古屋、のち入学式。

 
2005年03月18日の日記に書いたことは、できませんでした。
 
ん?違うな、、、『できませんでした。』では無く、
『やりませんでした。』が正解か。
 
『やりませんでした。』の理由は、
この事(名古屋に行く前に京都に寄る)よりも、
優先順位が高いものが完了していなかったから。
 
なぁ〜んて、カッコつけて書くことの程でもないけど(^^;
単に、名古屋から帰った翌日にある娘の入学準備が出来てなかっただけ。
 
そう、この入学準備は、優先順位高いよね。
そう!母親である私の役目さ!!
(にゃはは、これが言えるって、嬉しいかも、むふふっ(*^m^*)
 
とはいえ・・・名古屋へ行く最終新幹線?!ギリギリまで
入学準備(主に名前付け)は、続きました。(冷汗もんです(-。-;
 
・・・
 
そして今日、入学式。(またやっぱり?泣いてしまった。(;_;)
 
式から帰ると、保育園の先生から、葉書が届いていた。
園からの便り
 
   『いつだって どこだって 楽しめるよ』
  漢字にふってある小さな・・・“たの”の文字。
  先生の優しさを感じる。嬉しいねぇ。。。
 
 
 
娘が先生に『ありがとうの手紙』を書きたい!というので
『じゃあ、すぐに先生に届けよう!』と、制服姿の娘と一緒に保育園へ。
 
帰りの車の中、すっかり満足げの娘と話す。
 
  娘 『先生の鼻、赤くなっていたね。』
  私 『そうだね。・・・もしかしてママの鼻も赤い?』
  娘 『いや。赤くないよ。』
  私 『そう。(ママは目が赤いかもね)』
  娘 『あっそうだ!先生さ、花粉症だから赤かったんだあ!』
  私 『ははっ!そうだね(笑)』
 
この会話。
娘が大きくなったら、二人で思い出して話せる日が来るといいなって思った。
 


miyuki1116 at 23:09コメント(2)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 池部久美代   2005年04月13日 21:32
藤川さま

娘さんのご入学、おめでとうございます。
桜も満開で素晴らしい式だったことでしょうね(*^^*)
きっとお嬢さんの心にお母さんとの会話がしっかり
刻まれたと思いますよ♪



2. Posted by 深雪   2005年04月15日 01:49
池部さん、コメントありがとうございました。
桜咲く入学式・・・素敵でした!
私自身は、北海道出身なので“桜咲く入学式”とはなりませんでしたが、娘の手をひきながら、今は遠くはなれて住んでいる母の姿を思い出しました。
私が、娘に対しあれこれ楽しみに想うように、母もきっとあれこれ想っていたのでしょうね。
そして娘もいつか想うのでしょうね。これまた楽しみです(^^)!

池部さん、ありがとう。嬉しかったです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ