2005年04月02日

短歌

 
最近のマイブームは “短歌”
 
3月11日の日記で書いた友から、短歌が返信として
届いたことへの感動と その粋さに惚れ直した。
 
さらに、その短歌に込められた送り手の想いを
アレコレ考える面白さに、すっかり はまってしまった。
 
面白い!!
 
そして、自分も 短歌に挑戦するようになった。
5・7・5・7・7に、想いを凝縮し込める過程に
まるでパズルを組み立てているような面白さがある。
 
こりゃーー愉しいわ!

さらに 自分が作り手になって、わかったことがある。
 
出来上がった5・7・5・7・7は、
短いがゆえに? その言葉に、いくつもの意味を
持たせる(感じさせられる)仕掛けが出来るということ!
 
今、私が短歌を書く時にやっている作業は
一度、相手に伝えたい想いを言葉に変換し、
思いつくまま、目の前の紙に わんさか書き出す。
 
それから、5・7・5・7・7とする段階で、
さらりと ヒネリを入れる。(うふふっ(*^m^*)
 
めちゃ愉しい!! 
短歌って、まったくもって!面白いし、粋だわ!!
 
・・・
 
最近、私は短歌で 葉書を出している、以下、その一部。
 
短歌で送った葉書

  秋過ぎて 
    友と語らう 豆の香は
      我行く道の 春のおとずれ




 
 
 

桜咲き 祝う宴か 人知れず ここに我あり 酒くみかわし
 
先の声 我を見つめる 決別日記 なんてさわやか 君の心よ
 
 ( 届いた先の顔がニヤッってしたら、ばん万歳(^〜^)なのだー!)


miyuki1116 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)短歌  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ