2005年03月29日

背中。

 
ふと・・・人の背中に、その人が背負っているものを感じる時がある。
 
寂しさ。やるせなさ。厳しさ。空しさ・・・
嬉しさ。甘さ。優しさ。愉しさ・・・
 
私は、その其々に、重さを感じ、色が見え、明るさの度合いをも違って感じられる。
 
この歳になって、
その違いは、どこにあるのだろう?と考えるようになった。
そして、ぼんやりわかってきたのは・・・
 
そのものを背負っている人が、
そのもの達を、どう扱っているか、
もしくは、そのもの達に、どう扱われているか、に
よる違いでは無いか?ということ。
 
 
・・・
 
(単にシャキ!と姿勢がイイ、とかじゃなくって、、、)
 
その背中を見て、私が痛感したのは
『その人の生き方が背中に表れている』という事実。
 
自分の背中は、自分では見ることが出来ない。
だからこそ、人間は、人の背を見る。
 
背中は正直。
言葉では表現できないものを語っている。
 


miyuki1116 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ