2004年10月16日

 
このブログを立ち上げた日の夜・・・私は、○○さんにメールした。
  私の心は、喘いでいた。
  自分をさらけ出してでも聞いてみたかった。 

立ってしまった、、、目の前にある高い壁、、、
  その壁のどこかにあるはずの“引っかかり”に、しがみつき、
  今より上に、もっと上に、這いずり上がる為に・・・ 

  ・・・・・・・・・・・・・ 

私、今、自己の次ステージを意識しています。
(意識している=目の前に越えなくちゃならない壁がみえています)
○○さんは、チャレンジする事(もしくは変革!?)に対して貪欲なように
私は感じています。そのように感じる○○さんの原動力は、いったい何?
 

  明け方、レスは返ってきてくれた。
 

チャレンジする事に対して貪欲なのは、自分が好きで独りが好きだから。
何か(誰か)に付いていくよりも、自分の100%で駆って、信念の果てを
見極めたいから。その道程にある刹那、刹那の感動が欲しいから。
そこで出逢った「人」が大好きだから。

 
 天上天下唯我独尊。

「人」は、今生に唯、独りを尊ぶものと弁えているから、
「人」の前に立とうとするし、だから「人」が恋しい。
いつも「人」の中にあるように思えるかも知れないけれど、
「人」の前に立った時点で、とっても孤独なんだよね。
 
 ・・・・・・・・・・・・・

目頭が熱くなった。
この言葉たちを、さらりと言ってのける○○さんの懐を感じ胸が震えた。

「刹那」「孤独」・・・そして「人」

  私は、この「刹那」に耐えられないでいたのだ。
  私は、この「孤独」に耐えられないでいたのだ。
  そして・・・私は、「人」を感じられないでいたのだ。

人は我を思い知って、はじめて新たな懐の領域が空くものなのかもしれない。
感謝。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○○さんは『 かっこいいフジカワでいてくれよな! 』と言ってくれた人。
ありがとう。かっこいいフジカワで頑張る。踏ん張ってみせます!
 

○○さんへ
先日は、お誘いありがとうございました。喜んでお受けしましょ!
きっと朝までになるね。


miyuki1116 at 23:48コメント(0)トラックバック(0) 

2004年10月15日

【y-sohoつれづれ日記】は、本日をもって卒業しました。ありがとうございました。感謝!


2004-10-15


  


新しい私は、ここにいます。・・・次のステージへ。



miyuki1116 at 02:00コメント(2)トラックバック(0) 

2004年10月14日

 その言葉達は、私に迫ってくる!

   目がくぎ付けになる。

 ・・・

流れていく時間、その瞬間、瞬間に、

   わいた感情、

   はしるヒラメキ

   新たな感覚、

その瞬間、瞬間が、時間が流れていく意味を持ち、

  新たな自分を意識する。

  次なるステージに私は立つ。

miyuki1116 at 19:04コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
最新コメント
月別
  • ライブドアブログ